製麺を軸にラーメン食材一式の卸、ラーメン店の開業・運営支援までを行うラーメンのプロ集団

  1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. らーめん食べ歩き隊が行く
  4. 外食ビジネスウィーク2015 第10回ラーメン産業展レポート

らーめん食べ歩き隊が行く

外食ビジネスウィーク2015 第10回ラーメン産業展レポート

去る8月26日〜28日に、国内最大級規模の外食業界専門商談展 外食ビジネスウィーク2015 第10回ラーメン産業展が開催されました。

公式サイト情報によれば3日間でのべ4万5000人以上が来場と大盛況!

大成食品株式会社とパートナー企業の合同出展ブースにもお客様が続々来訪。

今回もラーメン店主様ほか他業態の飲食店経営者様、独立開業を検討中の皆様との「ご縁」を多数いただくことができました。 

 

動画レポート:第10回ラーメン産業展 大成食品(株)ブース紹介

 

 

 

 

10回目のラーメン産業展。開幕式に大成食品(株)鳥居憲夫代表が今年も参列!

 

外食ビジネスウィーク2015 第10回ラーメン産業展

横浜で産声をあげたラーメン産業展も今年で10回目の開催となりました!

会場は、東京ビッグサイト 東4ホール。

第10回ラーメン産業展ボード 真下に大成食品株式会社のブースあり

 

公式サイト情報によれば、今年は新規出展190社を含む約600社が出展しているとか。

ラーメン産業はじめ、うどん、そば、パスタ、カフェ、居酒屋、レストラン、ホテル…等。

あらゆる外食産業の最新情報、商材がここ東京ビッグサイトに集結します。

飲食店を経営している方、これから独立、開業を検討中の方にとっては、効率よく最新のフードビジネスの動向や話題の新商品の情報収集、2015年下半期のトレンド予測が可能。商談を通じて仕入れ先や連携できる企業とのご縁を開拓できる貴重な場です。

 

開幕初日は朝から土砂降り。

総武線等で事故があり大幅遅延。周辺道路も大渋滞…。

あいにくのコンディションでしたが、無事全員集合!

定刻どおり、9時40分からは盛大なオープニングセレモニーが始まりました。

 

外食ビジネスウィーク2015オープニングセレモニーに大成食品(株)鳥居代表参列

 

今年も東京都中華麺製造業協同組合 理事長を務める 大成食品株式会社 鳥居憲夫代表が参列。テープカットに臨みました。

 

 

 

大成食品(株)ブースの目玉は、新作麺の展示と新商品試食会

 

 

大成食品(株)のブースでは新作を含む4種の製麺技能士謹製麺の展示と、開業支援、運営支援事業をご案内しました。

イチオシは写真左上の一見そばのように見える麺。丁寧に焼いた煮干しを微粉末にして生地にねりこんでいます。

風味、食感のインパクトがある太麺は、あえそば、油そばにぴったり!

 

製麺技能士謹製麺新作展示

 

ブースでは会社案内や開業支援、運営支援に関する資料を配布。

ラーメン店の独立開業を目指す方を対象に店主に必要な基礎基本を細やかに指導する鳥居式らーめん塾の資料もありました。

9月5日に第21期開講を控えていましたが、早くも次の次 第22期のご案内が!

次回は2016年2月6日開講。例年、春は京都校で開催していますが、すでに九州在住の方が入塾決定。

他の受講希望の方の大半が首都圏〜東日本にお住まいなら、東京校で開催となる可能性もあるとか。(9月8日段階では未定です!)

鳥居式らーめん塾受講をご検討中の方、お早めにお問い合わせ欄より資料請求をどうぞ!

 

 

商談コーナーでは、福井@大成食品株式会社商品開発マネージャー/鳥居式らーめん塾味創り講師 による、売上向上に役立つ新作ラーメンレシピの試食会が開催されました。

(株)オービス製の厨房で、小林、田辺、古米@チーム大成食品(株)が手際良く3種類の新作ラーメンを提供していました。

動画:第10回ラーメン産業展/大成食品商談ブース風景

 

 

 

一番反響が大きかったのは、新作麺を使ったあえそば。(写真 中央奥)

麺の個性が映えるインパクトある一杯が特製の塩ダレ、香味油でより引き立てられ、大好評でした。

福井講師によれば、このレシピをさらにブラッシュアップして、9月28、29日開催の“麺”夢塾でもご提案予定とか。

 

ラーメン産業展試食会用新商品

 

写真左の焼き煮干し醤油ラーメンには、福井講師がひとつひとつ丁寧にあぶった(!!!)焼煮干しの粉末を仕上げにぱらりとふりかけられていました。

粒子が細かいのでざらつきはなく、煮干しの旨味と炙った香ばしさが際立つ逸品。

商談エリアでしか提供されないスペシャルな一杯でした。

福井講師作の焼き煮干し粉。さすがに毎回手作りするわけにはいきませんので…(^^;;

パートナー企業の福島鰹(株)の工場で製造してもらうよう依頼ずみだそう。

鰹オイルシリーズや福島醤油返しのように、福井講師のレシピで商品化された福島鰹(株)製品はすでにいくつもあり、それぞれヒットしています。

次回の展示会あたり、この焼き煮干し粉も新商品として福島鰹(株)ブースに並んでいそうですね(^o^)

 

写真右 鶏白湯塩ラーメンは関西ラーメン産業展で出したものと一見同じ、ですが…

福井講師はうどん、そば店やカフェ、居酒屋、スポーツ施設内店舗や旅館、ホテルといった、ラーメン専門店以外の業態でも採用しやすいレシピへと進化させていたました。

お客様への解説のなかにも、省エネ、時短、省コストなど、売上(利益率)アップがおおいに見込めるTips満載でしたよ。

こちらのレシピについても、お問い合わせが多数ありました。

 

 

 

鳥居式らーめん塾卒業生もブースに続々来訪!

鳥居式らーめん塾9期生荒井さん@麺や木蓮

9期生の絆♪ 田辺@大成食品(株)と談笑中の麺や木蓮(千葉県鎌ケ谷市)店主 荒井さん(写真右)。

鳥居式らーめん塾17期生山岸さん@広州市場グループ代表

17期生 広州市場グループ代表 山岸さん。 

繁盛店主のお二人、それぞれ笑顔で近況報告をしてくださいました(^^)

 

 

合同出展各社のコーナーも大盛況!

 

動画で合同出展各社をご案内

 

 

 

福島鰹(株)の新作和風ラーメンに長蛇の列!

 

鳥居式らーめん塾の味創り講義、実習で毎度お世話になっているチーム福島鰹(株)の皆さん。

今回も東京営業所の方だけでなく、京都本社、新潟営業所、名古屋営業所から集結。

笑顔いっぱいで接客にあたっていました。

和だし製品各種の展示と、新作和風ラーメンの試食会でブースまわりは大にぎわい♪(^^)

 

福島鰹(株)ブース

 

井上@東京営業所「今回の商品展示では、羅臼昆布のかわりに生産量が回復しつつある利尻昆布をおしています。
試食会でお出ししているのは、山形県天童市発の鳥中華。

ベースのスープはかけそばのつゆなんです。これに中華麺、鶏肉、揚げ玉を入れることでまろやかな中華風のおそばになるんですね。

水車生そばというお店の裏メニューで出している商品で、一日400杯も売れる人気商品だそうです。

今日のだしは、うるめ、さば、かつおをブレンドしてつくっています。おかげさまで開幕直後からたくさんの方にご試食いただいております。

大成食品さんの厨房でタイミングよく麺をゆであげていただいているおかげで、スピーディーに提供できています。ありがとうございます(^o^)」

福島鰹試食用鳥中華

 

おいしいだしさえあれば、たれ、具と香味油でおいしい和風ラーメンスープに(^^)v

味わいはどこか懐かしく、それでいてインパクトがあり、まさに「はまる味」!

ラーメン店以外の業態でも採用しやすい今回の新作。少子高齢化が顕著な地域の既存店様向けにもアピールしそうです。

試食をすませたあと、チーム福島鰹(株)の皆さんと話し込む方が多数見受けられました。

 

 

(株)富士商会ブース、今年の目玉はわずか20分で戻る(^^)超極細メンマ 

 

(株)富士商会ブース

 

つづいて、メンマの(株)富士商会様のコーナーへ。

大袋の各種メンマとともに、昨年の新作「デスザーサイ」と今年の新作「超極細メンマ」が展示されていました。

木村取締役・来栖東京支店営業所長「今年の富士商会ブースは、去年発売されたデスザーサイと新商品の超極細メンマを推しています!(^o^)(^_^)"

一般的な乾燥メンマであれば、もどすのに最低でも7、8時間はかかりますが、こちらの新商品は、たった20分で調理できます。素晴らしい時短効果でしょう(^_^)p(^^)b

今回は、戻して、白髪ネギ、ごま油、調味料であえてご試食いただいています」

山内「20分ってすごいですね(@@;; 鳥居式らーめん塾では乾燥メンマを戻すのに一昼夜かけてますもの!

…なるほど、さくさくした食感がいいですね♪このまま麺にのせてもよさそう!(^Q^) でもお値段もはるのでは?」

木村・来栖「他のメンマより手間がかなりかかっていますから少々割高ですが(^^;ゞ そもそも、超極細メンマ単体で使うのではなく他の食材とあえて使っていただくので、単価的にはおさえられます。ねぎをもやしにかえればさらにお安くなりますし、ボリュームも出ますね。

また細麺にもよくからむので、あえそばの具としてもぴったりです。

もう一品、推しているデスザーサイは、おかげさまで辛党の方に大好評です。ホルモンにあえたデスザーサイホルモンは我々の自信作。本当においしいんですよ♪ 居酒屋さんのおつまみメニューに、とレシピとともにご紹介しています」

試食された方々の反応は上々。今年も新たなお客様との出会いが多数期待できそうですね!(^^)

 

ブースの設計施工は(株)オービスが担当。施工例写真はギャラリー風に展示

オービスブース

 

毎回、ラーメン産業展のブースの設計施工は、(株)オービスさんが担当しています。

今回は最新の施工例写真展示コーナーがしゃれたギャラリー風に変わっていました。

植田「去年までは真っ黒で閉鎖的な印象でしたので、明るくしたくて白を基調にデザインしました。
背景はオービスカラーのネービーブルーを考えましたが、それでは施工写真がくすんでしまうので、淡い水色に変更。
施工写真のベースが黒ですから、水色に対比して目立つかなと考えたのです」

山内「とても爽やかで、明るい印象になりました♪ 植田さんの狙い通りですね(^^)」

植田「ありがとうございます(^o^)

今年の弊社ブースのトピックスは、正面にあるガラスフィルムです。

10月以降に販売予定なのですが、照明を点灯すると曇ったり、透明になったり、するでしょう? オフィスでも住宅でも、しゃれたカーテンがわりに使える商材としてPRしていきます(^o^)p」

植田さんが「ギャラリー風にデザインした」という壁面には、(株)オービスの社是などが記されていました。

飲食店や美容院等、ひとりひとりの店主様の想い描くイメージを的確に、美しく、機能的に設計施工する…(株)オービスの個性がよく伝わるブースになっていました。

鳥居式らーめん塾では第1期から店舗創りの講義を担当してくださっている(株)オービス

21期も最新の施工例をふまえた「繁盛する店舗厨房創り」や、開業するための基礎知識等について熱い講義をしてくださるはず♪(^^)

 

大成食品株式会社とパートナー企業の合同出展ブースは、ラーメン店の開業を検討している方や、売上向上に役立つレシピ、情報をお探しの店主様、スタッフ様などで大盛況でした。

ご来場くださったすべての方に御礼申し上げます!

 

鳥居憲夫 (2015年09月 08日 19:49)  コメント(0)

投稿されたコメントは担当者が確認させて頂いております。
リアルタイムには反映されませんので予めご了承下さい。

コメント
名前
メールアドレス
URL
お役立ち情報
[最近の記事]
お問い合せ
ニュース
工場直売大成麺市場9月23日17−19時、24日10−16時開催。直販店楽麦舎は日曜以外の毎日10−17時営業。毎週土曜は生パスタも販売!

2017-09-23工場直売大成麺市場9月23日17−19時、24日10−16時開催。直販店楽麦舎は日曜以外の毎日10−17時営業。毎週土曜は生パスタも販売! NAKANOブランド認定イベント 大成食品株式会社の工場直売大成麺市場が 8月18日(金) ...