製麺を軸にラーメン食材一式の卸、ラーメン店の開業・運営支援までを行うラーメンのプロ集団

  1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. らーめんレシピ紹介
  4. 其ノ一:ふかひれラーメン

らーめんレシピ紹介

其ノ一:ふかひれラーメン

当社自慢の生麺とスープにふかひれ姿煮を載せた豪華な逸品。薬味としてのねぎのほか、お好みで温野菜を添えれば栄養バランス、彩りともによくなり、さらにおいしく召し上がっていただけます。

◆おいしいふかひれラーメンの作り方(1人分)◆
<ご用意いただくもの>
☆セットに含まれるもの
ナチュラルかんすい手もみ麺 1玉
スープ(ふかひれには東京ラーメン和風または東京麺グルメがぴったりです) 1袋
ふかひれ姿煮 1パック
また、お好みで焼豚、メンマを適量

☆セットに含まれないもの
ねぎ
お好みで温野菜(キャベツ、もやし、にんじん、にら、ちんげんさいなど、お好みの野菜全部でひとつかみ程度)
鍋(大、小 各1つ)、包丁、まな板、コップ、ざる、菜ばし、丼など
1. 寸胴鍋のような大きい鍋にたっぷり(2リットル程度)お湯をわかします。また小さいほうの鍋に7~8分目程度水をはり、沸騰させます。差し水用にコップに水を50CCほどくんでおきます。
2. 鍋を火にかけている間に具を準備します。薬味用のねぎは小口切りに、焼豚は薄切り、温野菜用の野菜は食べやすい大きさに切りそろえます。にんじんは細切りにすると火が通りやすくなります。
3. 小鍋の湯がわいたら、温野菜用に刻んだ野菜を入れて軽くゆでておきます。野菜はざるですくうなどして、ゆでた湯を捨てないようにしましょう。
4. 3.の小鍋の湯にふかひれ姿煮とスープを袋のまま入れ、あたためます。
5. あたためたスープを開封し、丼に注ぎます。大鍋の湯がわいたら、熱湯300ccを丼に注いでスープを薄めます。
6. 大鍋の湯に、手でほぐした麺をふわっと広げるようにして投入します。麺がくっつかないよう、箸でさばきながらゆでてください。
7. ふきこぼれる寸前に差し水を。1分強がゆで時間の目安です。麺を1本親指と薬指で軽く押してみて多少しんが残り切れない程度になったらゆであがりです。
8. 素早く麺をざるにとって湯をきり、スープの入った丼に入れます。あたためたふかひれ姿煮を開封し、麺の上にもりつけ、薬味のねぎ、温野菜、焼豚、メンマ等の具を載せてできあがりです。
☆お好みで仕上げにごま油少々をかけてもおいしく召し上がっていただけます。
鳥居憲夫 (2007年06月 21日 15:43)  コメント(0)

投稿されたコメントは担当者が確認させて頂いております。
リアルタイムには反映されませんので予めご了承下さい。

コメント
名前
メールアドレス
URL
お役立ち情報
[最近の記事]
お問い合せ
ニュース
11月のイベント案内 麺彩房中野本店おためしっくす企画今月末まで。麺彩房五反田店土日は11−15時の昼営業のみ。19日11-14時打ちたて生うどん直売@麺の停車場楽麦舎

2017-11-1911月のイベント案内 麺彩房中野本店おためしっくす企画今月末まで。麺彩房五反田店土日は11−15時の昼営業のみ。19日11-14時打ちたて生うどん直売@麺の停車場楽麦舎 おかげさまで創業100周年! 東京中野 新井薬師の老舗製麺所 大成食品株式会社から、1...