製麺を軸にラーメン食材一式の卸、ラーメン店の開業・運営支援までを行うラーメンのプロ集団

らーめん食べ歩き隊が行く

らーめん Nageyari

岐阜県各務原市
名鉄各務原線新那加駅/JR高山本戦那加駅

地図→ map fan webgoogle map (要active X)

※この情報は取材当時のものです。メニューや営業時間は変更となっている場合がございますので、あらかじめご了承ください。




☆主なメニュー
つけめん(麺300g) 800円
少なめ(200g) 750円
大盛(400g) 900円
麺超大盛(500g) 1000円
   
◆トッピング  
のり、めんま、半熟玉子 各100円
チャーシュー 300円
   
餃子 350円
ご飯(大・普通・小) 100円
   
Nageyari特製らーめん 880円
しょうゆらーめん 680円
あっさりしょうゆらーめん 600円
※麺大盛 +100円
※極太麺使用 +100円
 
<あっさり魚介スープベースの新作つけめん、新発売!>
●黒胡椒つけめん
(麺300g)
800円
 
あっさり魚介スープに黒胡椒がピリリときいたつけめん。
酢たっぷりのつけ汁が爽やかです。
●辛にんにくつけめん
(麺300g)
800円
 
たっぷりにんにくのパンチが魅力。
夏の暑さを吹き飛ばすスタミナメニューです。
住所:岐阜県各務原市那加野畑町2-53
    名鉄各務原線新那加駅/JR高山本戦那加駅より、
    約2km。野畑町バス停そば
駐車場:あり
電話:
058-389-2339
営業時間:昼の部 11:30~14:30 
       夜の部 18:00~22:00 (月曜は昼の部のみ)
       ☆ただしスープが終了し次第、閉店。
       ☆禁煙
定休日:毎週火曜日、月曜夜の部
席数:カウンター7席、テーブル8席

※「鳥居式らーめん塾」4期生 坂口さんが2006年12月12日にオープンしたお店です!

各務原市の「らーめん Nageyari(なげやり)」  店主は「鳥居式らーめん塾」4期生!
名古屋駅からレンタカーに乗車。
本日2軒目の目的地・岐阜県各務原市の「らーめん nageyari(なげやり)」に向かう。
店主は「鳥居式らーめん塾」第4期卒業生の坂口喜朗さん(36)だ。

隊長「彼らが卒業したのは2006年の7月か。約2年ぶりの再会だね。だいぶ繁盛していると噂をきいているよ。
今日はどんならーめんを食べられるか、とても楽しみなんだ(^^)」
福井「私はこの前会ったばかりですよ。先週も名古屋方面に別件で出張していたので、ついでによって食べてきました(^^) 今日のスープはどんな調子かな♪」
中京~関西方面にも多くのクライアントをもつ福井隊長代理。
時間の許す限り、「鳥居式らーめん塾」の卒業生のお店や、かつて開業支援したお店に足を運んでは食しているのだ。

鈴木「坂口さんといえば岐阜県内の某チェーン店におつとめのころ、(「鳥居式らーめん塾」1期生の)中村屋の味に心酔して、『鳥居式らーめん塾』に入塾されたのよね。
ハードなお仕事を終えてから、高速バスで通う熱心な生徒さんで、元気な笑顔と明るいお人柄でムードメーカーだったわよね」
山内「学生時代は陸上部で槍投げの選手だったと、塾の特別講師だった武内伸さん(日本ラーメン協会副理事長/ラーメン総合研究所所長)に話したことが縁で、お店の名前が決まったのよね(^^)」
鈴木「そういえば、坂口さんの奥様やお子さんたちも卒業式にいらしていたわよね。店主として独立する覚悟を家族にみせるんだ、とおっしゃってて……感動的だったな(^^)」
などと、思い出話に花が咲く。

正午すぎに名古屋駅前のレンタカーショップを出て、お店に到着したのは午後1時半。
鈴木「典型的なロードサイド立地ですね(@@)」
福井「各務原市の中心部といってもいいかも。この通りには有名なうどん店があるし、大型の飲食店が両サイドに林立していて競合店は多いエリアです」
山内「1時半過ぎても絶好調、って感じですよ。駐車場あいてないし……ガラス越しに見える店内、満席ですっ(@@)」
店内は若い男女のお客様が多いよう。
男性はスーツ姿、作業着姿もあればTシャツ等のラフな出で立ちの方も。女性はカジュアルな服装。近隣にお勤めの方だろうか。お店の通りの一本奥にはマンション、アパートも多いので、ご近所にお住まいのお客様も多そうだ。

お客様がとぎれたタイミングをみはからって入店。午後2時すぎになっていた。
坂口「いらっしゃいませ! ご無沙汰しています(^^)」
清潔な厨房のど真ん中で豪快に麺上げをしていた坂口さん。満面の笑みで迎えて下さった。
フロアーとレジを仕切る奥様も「いらっしゃいませ!」とにっこりほほ笑む。
「喜朗が大変お世話になりまして……」
坂口さんのお母様も厨房から登場。深々としたお辞儀に、恐縮しきりの一行であった。
ランチタイムはご家族3人で切り盛りされているようだ。息のあったお仕事ぶりと、香ばしい魚介の香りに期待が募る。
さっそく注文だ!(^q^)人(^q^)
人気のつけめんと黒胡椒つけめん、特製らーめん、あっさりしょうゆらーめんを試食!
今回は定番のらーめん2品とつけめん、新製品のつけめんを作っていただくことに。

★つけめん(麺300g)
 (800円)

: 大成食品製「麺彩房つけめん用」
つけ汁: 地元岐阜県産の「けんとん」および国産豚のゲンコツ、背骨、豚足と、美濃地鶏のガラ、モミジ、魚介系素材を使用した濃厚魚介系スープを使用。毎日3時頃から仕込み始め、夜10時半まで煮込んで、一旦火を止める。翌朝8時からまた着火して仕上げ、という2日炊き。brixは12.5~13という高濃度!
タレ: 特製醤油ダレに甘酢。仕上げに一味。
オイル: 特製香味油
: 刻んだバラチャーシュー、長ネギ、自家製メンマをつけ汁のなかに。刻み海苔を麺の上に。

※スープ割を依頼すると、魚介系素材を贅沢に使った和だしを厨房で器に注いで提供される。

★黒胡椒つけめん(麺300g) (800円)

: つけめんと共通。
つけ汁
: 魚介系素材でとった濃厚な和だし。
タレ
: 特製醤油ダレ、酢、黒こしょう
オイル
: 特製香味油
: 刻んだバラチャーシュー、長ネギ、自家製メンマをつけ汁のなかに。刻み海苔を麺の上に。岩海苔をつけ汁に。

★nageyari特製らーめん (880円)

: 大成食品製 多加水中太ストレート麺
スープ
: つけめんと共通の濃厚魚介系スープと、和だしをあわせたダブルスープ。
タレ: 特製醤油ダレ
オイル: 特製香味油
: バラチャーシュー3枚、長ネギ、ほうれん草、のり、自家製メンマ、半熟玉子1個

★あっさりしょうゆらーめん (600円)

: 大成食品製 多加水細ストレート麺
スープ
: 魚介系素材でとった濃厚な和だし。
タレ、オイル: 特製らーめんと共通
: バラチャーシュー、長ネギ、ほうれん草、自家製メンマ。

<感想>

隊長 「頑張っていますね! とくにつけめんがいいね! 『麺彩房』系の味として、きちんと仕上がっていると思いますよ。なるほど、このつけめんなら繁盛するね、と納得の仕上がりです(^^)」

福井 「今日は、特にスープがうまく炊けていたと思いますよ。麺とのバランス、甘酢のきき加減、魚介の香りとの兼ね合い……申し分ないと思います。この状態をきちんとキープしていきましょう(^^)」

鈴木 「つけめんは、だいぶ洗練された味わいでした! 
レシピは『麺彩房』とは違いますが、魚介の芳香、濃厚な肉系の旨味のあいまったインパクトある味わいはしっかり出ていましたよ。スープ割でもしっかり味が入っていました」

山内 「特製らーめんのスープも、節系の香りがふんわりと際立ってメリハリもあって……思わず一気のみ!でした(^q^)」

鈴木 「特製らーめんのトッピングはどれも美味。味玉も私好みの丸のままだったし、とろりと流れる黄身の柔らかさも○! チャーシューの厚さも、脂肪の部分のほろほろ感も絶妙でした(^^)」

隊長 「和だしベースのあっさりしょうゆらーめんも、好きな味だな(^^)。鰹と醤油の香りと味わいは、懐かしい感じがするよ。ホッとするね。細くて、かんすいがきいた麺をあわせてあるから、私と同世代には特に人気があるんじゃないかな」

福井 「ご飯にもあう味ですしね。濃厚魚介系スープのしょうゆらーめんとの違いがはっきり打ち出せています」

山内 「黒胡椒つけめんは、中華の酸辣湯麺のイメージなのかしら。酸っぱくって胡椒辛い! インパクトがあって、どっと汗がかける、夏にぴったりのつけめんですね。岩海苔の風味と独特のとろみ感もオツ♪(^q^)」

隊長 「周りのお客様は、餃子をとったり、ご飯をとったりして……ランチタイムにも関わらず客単価が高めというのも素晴らしいね。麺の量からいってボリュームは十分あるはずなのに、おいしく仕上がっているから食が進んで、サイドメニューも欲しくなる。それに、奥様、お母様の笑顔と気配りで店内の居心地もよくて……。相乗効果だね。今後がますます楽しみです♪(^^)」

美味なるスープの自己新を追究 元槍投げ店主の将来の夢とは?
14時半を過ぎても、お客様が来店する勢い!
ランチ営業が終わったところで、ようやく坂口さんにお話を伺うことができた。

鈴&山「噂どおり、繁盛してますね♪(^^)人(^^)」

坂口「おかげさまで(^^)。つけめんがよく出るので、スープがすぐ切れてしまうのが悩みなんですよ(^^;」

隊長「定番のつけめんも、新発売の黒胡椒つけめんも、おいしかったよ(^^)」

坂口「ありがとうございます。塾長にそうおっしゃって頂けるとはっ!……今回、はるばる東京からいらしてくださるのに、うまくスープが炊けなかったらどうしよう!と、もう、すごくプレッシャーでっ!"\(;o;)/"」

福井「心配性だなあ。この調子で大丈夫だから(^^)」

坂口さんはしきりにスープの出来を気にかけていた。
そのたびに福井隊長代理が「そのままで大丈夫」と励ます様子が微笑ましい。

きちんとできていても「まだまだ足りない!」「もっと頑張らねば!」と考えるのは、
山内「坂口さんが学生時代、自己記録更新のために黙々と練習するアスリートだったからかもね(^^)」
鈴木「brixの限界に挑戦したい、って闘志がわくとか? 高い目標を設定し、その達成のために情熱を注ぐ、己に厳しいタイプなのかな(^^)」

坂口「いやあ、そんな立派なもんじゃないです。なにしろお店をオープンさせるとき、『オレをここまで怒らせたのはお前が初めてだ!』って福井先生に怒鳴られましたからね。こんなに叱られたのは、塾生で自分くらいだと思いますよ~」

鈴&山「ええっ、あの温和な隊長代理が?(@@)(**)」

開業準備中は怒濤の忙しさ。店主は決めるべきこと、しなくてはならないことに追われてしまう。
坂口「落ち着いて順にきちんと仕事をこなすことが難しくて、大事なことが飛んでしまったんですよ」

隊長代理に一喝されて、坂口さんの闘志に火がついた。
「準備期間から開店当初は……がむしゃらでしたね。
睡眠時間が毎日1、2時間くらいで。一気に10キロ痩せました(^^; 
えっ? 以前より大きくなってる?(^^;
ワハハ、やっとお店が軌道にのってきたもので、晩酌でちょっと太っちゃいました♪(^o^)」
豪快に笑ってみせたものの、開業から現在までの1年半は、波瀾万丈だったようだ。

スープ材料の仕入れが(都内に比べて食肉業者の数や扱い品目が少ないため)難しいことに歯がみし。
熱伝導の悪い寸胴鍋に泣き、急遽変更したものの、なかなか鍋特有のクセが掴めず難渋。
火力の弱い厨房設備に焦り。
メディアに取材されれば「記事を見てご来店くださったお客様をがっかりさせたくない!」と己をいっそう叱咤激励し……。

続々と悩みや困難、重圧に直面し、その都度七転八倒。
隊長や隊長代理に相談し、試行錯誤を重ねてきた。
その努力は味の向上、安定につながり、「らーめん nageyari」のファンを着々と増やすことにつながった。

坂口「早朝から深夜まで店にいて、プライベートの時間がほとんどなくて……。
うちの子供たちは土日も他所に預けられていて父親と遊ぶこともままならない。
切ないですよ……。
でもね、そんな気持ちも、お客様の笑顔が吹き飛ばしてくれます。
お客様の『うまい!』という表情、『ありがとう』、『ごちそうさま』、なんて言葉に癒され、励まされる毎日です。その言葉を聞きたくて、今日も働いてる感じ(^o^)。
今後もずっと、そうした嬉しい言葉をひとりでも多くのお客様からいただけるように、がんばります!」

山内「最後に今後の目標、夢を教えて下さい(^^)」

坂口「将来、余裕ができたら、チャリティーをやってみたいです。恵まれない子供たちの施設などに出かけていってらーめんを作るような感じでね。自分がおいしいと思った食材でつくったらーめんの味を知ってもらえたらいいなと思っています(^^)」

隊長「チャリティーか。本物の味を子供たちに届けたいってことかな。素敵な夢だね!(^^)」

一行「一日も早く、坂口さんの夢が叶いますように(^^)。食べある記隊一同、心から応援しています♪」
鳥居憲夫 (2008年06月 01日 20:48)  コメント(0)

投稿されたコメントは担当者が確認させて頂いております。
リアルタイムには反映されませんので予めご了承下さい。

コメント
名前
メールアドレス
URL
お役立ち情報
[最近の記事]
お問い合せ
ニュース
7月のイベント案内 麺彩房五反田店営業再開。麺彩房中野本店の新作限定鶏塩冷やしそば、上海麺館の涼風冷やしベジそば好評発売中!

2017-07-257月のイベント案内 麺彩房五反田店営業再開。麺彩房中野本店の新作限定鶏塩冷やしそば、上海麺館の涼風冷やしベジそば好評発売中! おいしい笑顔を創りつづけて100年。東京都中野区の老舗製麺所 大成食品株式会社より、7月のイベ...